家計・ライフ

FPが解説!カネスタの無料動画コンテンツは本当に役に立つか?本音レビュー

お金の勉強をしたいけど、どうやったらいいの、何から始めたらいいの、出来る限りお金はかけたくないなど様々な声が聞こえてきそうです。

今回、マネースクールである「カネスタ」が提供する無料マネー教育コンテンツを全て体験してみました。(全18コンテンツ、合計約160分)

FP資格を持つYOUYOU(管理人)の視点から、無料動画コンテンツは役に立つのか?見るべきなのか?という疑問を解消できるように徹底解説します。

結論としては、「初心者の方にとってカネスタは必修科目である」です。

では、その理由について解説していきましょう。

カネスタとは?

カネスタ』とは、「お金の勉強を始めたい!けど・・・」といった、最初の一歩が踏み出せない方向けのオンライン型マネースクールです。

動画コンテンツや講師との個別面談を通して、体系的にお金の勉強をすることができます。

▼カネスタの紹介公式動画▼

カネスタは、受講実績1,000人(2019年時点)があり、「金融基礎知識、不動産、保険、株式、FXなど」と幅広いお金に関する知識が学べるスクールです。

これら全てを学ぼうとすると有料会員になる必要がありますが、カネスタでは無料で学べる動画コンテンツも用意しています。

無料で視聴できるコンテンツ一覧

お金の教養講座

  • 第1章 お金の勉強とは
  • 第2章 1日10分でつける家計簿術
  • 第3章 年末調整と源泉徴収のしくみ

保険コース

  • 生命保険
  • 定期保険
  • 終身保険
  • 医療保険

ザックリ株式雑学

  • ザックリ株式雑学①
  • ザックリ株式雑学②

2020年7月現在では、合計2時間40分の無料動画が公開されており、お金の基礎知識を勉強することができます。

ここからは、無料動画コンテンツの詳細については、次章以降でご紹介します。

「カネスタ」の無料会員登録のやり方

まずは、『カネスタ~お金のスタディ~』をクリックして、公式サイトへ行きます。トップページにある「無料会員登録」から進んでいきましょう。登録自体は、1分程度で完了します。

詳細な登録フローは、下記の記事で画像付きで解説しているのでご参考にしてください。

(リンク記事URL)

▼「カネスタ」無料登録はこちら▼

カネスタの無料コンテンツを本音で評価

前述の通り、2020年7月現在の無料コンテンツは、3コース計18ムービーがあります。

  1. お金の教養講座(12動画)
  2. 保険コース(4動画)
  3. ざっくり株式雑学(2動画)

ここからは、FP資格(AFP他)を持ち、最低限のお金に関する知識を身につけている立場から、「初心者の方が見るべきかどうか?」という視点でコメントしていきます。

なお、全ての動画において再生速度(0.75~2.0倍の0.25刻み)を調節することができます。1.5倍速再生した場合でも、内容理解には全く問題ありませんでしたよ。

「お金の教養講座」のレビュー

講師情報

小野大和(オノヤマト)さん

大学では経済学を専攻、学生時代から資産運用を始め、インデックス運用・アクティブ運用ともに得意とする。ファイナンシャルプランナー資格を取得し、パーソナルファイナンスの概念を伝えるためカネスタ講師として活動。

お金の勉強とは?(4動画)

評価: 4.0

お金の勉強を始めるにあたってのフレームワークを学習できます。印象的だったのは、お金の勉強とスポーツとは似ており、それぞれの分野に応じた知識や考え方が必要だということです。

お金の勉強は「稼ぐ」「使う」「貯める」「守る」の4分野があり、それぞれについて本セッションでは学ぶことができます。何から学べばいいの?と悩んでいる方は参考になるコンテンツです。

1日10分でつける家計簿術(3動画)

評価: 4.5

お金の学習分野「貯める」に関係する『家計簿』の基礎知識を解説しています。家計簿をつけたことない人、つけていたけど途中で断念してしまった人などにとって継続できる家計簿術を学ぶことができます。初歩的な方法ですが、非常に効果的なお金の管理方法のため、視聴をオススメします。

年末調整と源泉徴収(5動画)

評価: 4.0

言葉は聞いたことがあるけど、という「税金」に関する解説動画です。多くのサラリーマンが何気なく耳にしている年末調整や源泉徴収の基本的な内容を紹介してくれるため、一度は視聴しておくことをオススメします。ご自身がもらう給料のフローを理解しておくことは、重要ですね。

なお、税金と言っても「節税」などの具体的な方法についての解説はないため、今後の更新を期待しましょう。

「保険コース」のレビュー

講師情報

村田憲昭(ムラタノリアキ)さん

早稲田大学卒業後、野村証券、イコールワンで働き、保険・証券・不動産などの金融商品を扱うIFA(独立型金融アドバイザー)として活動している。2019年に株式会社イコールワンアセットマネジメントの代表取締役に就任。

生命保険(19分)

評価: 3.5

生命保険の基礎的部分を解説する動画です。どのような保険が必要か、オススメの保険は何か?という具体的な内容ではないため、生命保険についての基本的な知識を習得したい人にとって参考になるコンテンツです。

定期保険(7分)

評価: 4.5

「定期保険」と「収入保障保険」の2つについて基本情報を解説しています。家庭を持っている人は特に、掛け捨て型の死亡保険の重要性が高いため、これらの違いについてしっかりと整理するために視聴をオススメするコンテンツです。

終身保険(7分)

評価: 4.0

貯蓄性のある「終身保険」について基本情報を解説しています。死亡保険としては、定期保険を個人的にはオススメしますが、貯蓄と保険を合わせて行いたいと考える方にとっては視聴しておくと良いでしょう。また、保険料の支払いが困難になった場合の「払済保険」の仕組みについても解説されています。

医療保険(13分)

評価: 4.0

医療保険の全体像とがん保険の基本について解説です。医療保険やがん保険の必要性はあるの?と悩んでいる方にとっては、視聴しておくと良いでしょう。なお、医療保険を考える際に押さえておくべきサポート制度である「高額療養費制度」の解説もあります。制度について知らない方は、必ず視聴しておきましょう。

チェックテスト(保険コース限定)

また、「保険コース限定」で各単元の理解度を確認するためのチェックテストがあります。保険コース4つのコンテンツ全ての学習を完了すると、テストに取り組むことができます。

保険コースのチェックテスト(計8問)

動画視聴で理解している「つもり」から、しっかり理解できている状態にするためには嬉しいサポート機能です。

ぜひ、100%正答率目指して、何度もチャレンジしてみましょう。

「ザックリ株式雑学」のレビュー

ザックリ株式雑学の講師は、お金の教養講座と同じ「小野大和(オノヤマト)さん」です。

ザックリ株式雑学(2動画)

評価: 3.5

株式に関する基本知識を紹介する動画です。結論から言えば、現在(2020/7時点)公開中の動画だけでは株式投資などを実施できるものではありません。しかし、今回のコロナショックなどの外部要因が株価へ与える影響などをわかりやすく解説してくれています。

題名にもある通り、「小学生でもわかる~」というフレーズの通り、基礎中の基礎であるコンテンツのため、本格的な株式投資などを学びたい人にとっては物足りない内容です。

カネスタ のコンテンツで学べること

ここでは、総括的に「カネスタ」の無料コンテンツで学べること、学べないことをメリット/デメリット形式でご紹介します。

お金の教養講座

  • お金の勉強方法を形式的に整理できる
  • お金の勉強の重要性を理解できる
  • お金にしっかり向き合えるようになる
  • 家計簿の活用方法がわかる
  • お金管理方法が身につく
  • 税金のさわりの知識が身につく

保険コース

  • 生命保険に関する基本知識が身につく
  • 定期保険、終身保険などの特徴の整理ができる
  • 保険営業担当者に騙されにくくなる

ザックリ株式雑学

  • 株価変動の要因が理解できる
  • 株式の基礎が理解できる

お金の教養講座

  • お金の勉強4分野(稼ぐ・使う・貯める・守る)に対する具体的な手法が少ない
  • 税金においての「節税」などの具体的なキーワードが少ない
  • 各種制度関連の解説などがあると良い(NISAやiDeCoなど)

保険コース

  • 自分(家族)に保険が必要なのか?保障額はどのくらい必要なのか?などの具体的な内容まではない
  • 保険の見直しなどの情報は少ない

ザックリ株式雑学

  • 株式投資の具体的な方法はない
  • 資産運用に関する情報が少ない(株式、投資信託、FXなどの違いなど)
  • 具体的な分析手法(テクニカル分析、ファンダメンタル分析など)の情報が少ない

当たり前のことですが、視聴者個人に落とし込んだ「具体的な方法」に関する情報は全体的に不足していると感じました。

実際のところ、明日から実践できる内容が盛り込まれているとより視聴者にとっては有益な情報になるのは間違いないです。(例えば、固定費の見直し方法、節約のコツなど)

カネスタの無料コンテンツは、お金管理や保険、資産運用の基礎知識を身につけるための手段としては非常に有益なものです。しかし、実際に自分自身の保険の見直しや投資の開始にあたっては、有料会員を含め書籍やWEB、その他動画コンテンツなどを通して学ぶ必要があります。

個人的には、国の制度関連(高額療養費制度、NISA、iDeCo、確定申告など)の解説動画を作成してもらえると非常に嬉しいなと感じたところです。

今後も無料コンテンツの拡充を予定しているとのことだったため、期待したいと思います。

まとめ

ここまで、「カネスタ」の無料コンテンツについての本音レビューを紹介しました。

結論、お金の勉強初心者の方にとっては必須科目である、と言えるでしょう。

お金の勉強と言っても、正直非常に広範囲に渡りますし、終わりはありません。闇雲にあれもこれも手にしてしまうと、難しすぎる、自分には無理などを理由にやめてしまう事もあり得ます。

「カネスタ」が提供する無料コンテンツは、「楽しく学べる」ことが非常に強みであり、これからお金の勉強を始める方にとっては最適なコンテンツです。

ぜひ、お金に対する不安を払拭するためのスタートラインに立つための一つの選択肢として、「カネスタ」のコンテンツ学習を実施してみてはいかがでしょうか。